読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だからどうした。

うだうだカジュアルモード。

ベラルーシビザ(査証)を個人で取得

やっと本日、ビザ申請書などを送りました。通りますように。

取得できましたら改めてご報告します。

揃える書類と取得ビザ種類の確認

必ず駐日ベラルーシ大使館サイトを確認すること。

駐日ベラルーシ共和国大使館

 

日本国籍を持つ人は、ミンスク国立国際空港経由で入国する場合、かつ5日間以内の滞在であれば、ビザ不要になりました。

ビザなしの5日間 - 駐日ベラルーシ共和国大使館

 

私はワルシャワから列車で行くので、ビザが必要です。

またミンスクで一泊するので、通過ビザではなく短期ビザです。今回はこちらの説明です。

ビザの手続き - 駐日ベラルーシ共和国大使館

 

 

申請書を書く

上記サイトで申請書をDLし、書き込む必要があります。

申請書はWordなのでWordに直接書き込むもよし、印刷して手書きしてもよし。

f:id:akikonian:20170405172137g:plain

項目はキリル文字と日本語が書かれています。

私が記入に迷った項目について、何を書いたか記しておきます。

1.ローマ字姓~13.有効期限(3.その他の名称以外)については、パスポートに書かれているままに書きました。おそらくですが大使館は申請書とパスポートを突合せてのチェックしかできないはずです。アレンジせずにそのまま書けばよいはずと思い、そのまま書きました。

10.発行機関はMINISTRY OF FOREIGN AFFAIRS、11.発行地はJPNにしました。

20.ベラルーシにおける受入先名(招待者)は宿泊先のホテル(HAMPTON BY HILTON MINSK CITY)にしておきました。

21.受入先(招待者)住所、22.ベラルーシ共和国における宿泊先は、20のホテルの住所を記入しました。

23.渡航の目的は詳細にということなので、「東ヨーロッパから北欧まで旅行を計画している。列車でワルシャワからサンクトペテルブルクまで行くが、その途中にベラルーシへ立ち寄り、観光をしたい。」といったことを英訳して書きました。こうして日本語化するとベラルーシ観光はついでだ感ハンパねえ。

記入式の項目の内、記入のないものについては全てN/Aを入れました。足りなくて困ることはあっても、やり過ぎて困ることはないはずという方針です。

バウチャーの取得

HILTONのHPを探すと宿泊先のホテルのメールアドレスがありました。(右上のEmail us)

Minsk Hotels - Hampton by Hilton Minsk City Centre

ビザを取りたいからバウチャーをくれと英語でメールを出すと数時間後にPDFが届きました。

他の方のブログを拝見していると、ホステルとかだと対応が遅く、一週間かかったケースもあります。余裕をもってお願いしましょう。

旅行保険証書の取得

不要であるという情報もありましたが、今回の旅行は何故か不安を感じているので旅行保険に加入しておきました。

1週間程度で証書が送られてきました。

送る

エクスパック、あるいは書留で上記書類とパスポートを入れ、返信用のエクスパックや封筒も同封します。

書留で返信をしてもらう場合は、書留の押印を郵便局でもらいましょう。

私は取り扱いが楽なエクスパックにしました。

届く

投函して次の日の朝に先方に届き、5営業日程度をはさんで届きました。

投函してから10日ぐらいかかったことになりますが、想定の範囲内です。

無事に発行されたところをみると、書いた内容でよかったのでしょう。

申請書には○年○月○日~×年×月×日といった書き方をするので、ビザの有効範囲もそうなのかと思っていましたが、有効期限が1年間あり、その内の何日間滞在するかという書き方がされていました。滞在ルールが緩やかになったんですかね。

これでベラルーシへ入国する準備が整いました。列車のチケットまだ取れてないけど。